豆知識!現代的な建物ほど防水工事が必要なわけ

こんにちは!愛知県豊明市に拠点をかまえ、名古屋市などの地域で防水工事やシーリング工事、改修工事などに取り組んでいる株式会社松本です。
建築の技術が進歩してから建てられた現代的な建物や老朽化していない建物なら、防水工事が必要ないと考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、実は現代的な建物ほど防水工事が必要です。
今回は防水工事について深く知っていただくために、現代的な建物にとって防水工事が必要な理由をご説明いたします。

水が溜まりやすい構造


現代的な建物で防水工事が必要な理由は、排水が難しく、水が溜まりやすい構造だからです。
水が溜まることで外壁や屋根などにダメージを与えるため、雨漏りや漏水が起こるリスクが上がります。
現代的な住宅の多くは、三角屋根の戸建て住宅です。
このタイプの建物は、屋根に勾配があることで、スムーズに雨水が排出されるので、比較的雨漏りに強いです。
しかし、屋上付きで屋根が平らな戸建てやマンション、ベランダなど、現代的な建物には平らで水が溜まりやすい部分もあります。
これらの三角屋根以外の水が溜まりやすい部分には、雨漏りなどのトラブルのリスクがあるので、防水工事で予防する必要があるわけです。

特殊な形状が原因になることも

建築技術が向上した現代では、太陽光発電パネルが取り付けられているような複雑な屋根などの、建物が持つ「特殊な形状」が原因で雨漏りが起きてしまうこともあります。
特殊な形状により雨漏りが起きてしまう理由は、防水工事の施工が難しくなりメンテナンス費用が上がってしまうためです。
コスト負担をためらって、メンテナンスを先延ばしにして、その結果、大きなダメージを受けた部分から雨水が浸入して雨漏りが発生します。
しかし適切な防水工事が行われていれば、特殊な形状の建物でも雨漏りは防げます。
現代的な建物だからこそ、適切な防水工事が必要なのです。

松本へご相談ください!


愛知県豊明市の防水工事会社である株式会社松本では、ベランダのシート施工やウレタンを使った塗り床工事など、さまざまな防水工事のご依頼に対応しております。
弊社は、施工実績が豊富なので、高品質な施工が可能です!
マンションや戸建てなど、幅広い現場で対応いたしますので、困ったことがあればお気軽にご相談ください。

【求人】松本では新規スタッフを募集中!

現在、株式会社松本では防水工事に取り組む新規スタッフを募集しております。
体力が必要で覚えることも多いですが、防水を通じて人々の生活を支える仕事でやりがいも大きいです。
20代から50代まで幅広い年齢層の人材が働いているので、馴染みやすい職場環境です!
防水工事にご興味がある方は、ぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

名古屋市など愛知県のコーキング・シーリングは松本
ただいま業務拡大に向け防水工スタッフを求人中です。
〒470-1124 愛知県豊明市三崎町丸ノ内8-6
電話:0562-57-0183 FAX:0562-57-0138

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

おはようございます。

おはようございます。

なかむらてすと …

はじまり

はじまり

さあ、一週間のはじまり はりきっていきましょう! …

現場

現場

今日四件目の現場 さすがにハード 少しコーヒー飲んで一服 …