業務内容

株式会社松本では、下記の施工を東海三県で請け負っています。
30年以上の業歴を誇る代表を筆頭に、確かな技術をもった熟練のスタッフが、いかなる現場・ご要望においてもしっかりと施工いたします。
ご不明点やご相談がありましたら、作業中もどうぞお気軽にスタッフまでお声がけください。

シーリング工事

外壁材やサッシの隙間を埋める際に使用するゴム状の目地材を、「シーリング」と呼びます。シーリングは、隙間を埋めることで高い防水性や気密性を実現できるとして、ビル・マンション・アパートとさまざまな建物で活用されています。
一方で弱点があるとすれば、それは耐用年数の短さです。常に気温の変化や風雨、雪などにさらされるため、どうしても劣化が進みます。一般的に5年程度の周期で補修が必要になるといわれています。
劣化したシーリングをそのまま放置すると、窓の隙間から雨水が浸入したり外壁に隙間が生じて外気が入ったりするなどの不具合を招きます。そのようなトラブルを起こさないためにも、定期的な診断および補修工事をおすすめいたします。

防水工事

防水処置が必要な箇所は、外壁や屋根だけではありません。ベランダやバルコニーなどの外に突き出た部分は雨水が入りやすく、こうした箇所から内部への浸水が引き起こされる場合もございます。そこで早い時期から調査を行ない、適切な対処を施す必要があるのです。
弊社では一般住宅からビルに至るまで、あらゆる建物に防水工事を行なっております。豊富な施工経験と知識をもつスタッフが、一棟一棟の建物に合わせてコストパフォーマンスに最も優れた工法を選びます。ご相談やお見積もりは無料で承りますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

床工事

アパート・マンションといった集合住宅や、オフィスビルなどの建物で共用外廊下・外階段・ベランダなどに用いられているのが「長尺シート」と呼ばれる素材です。そのままでは雨に濡れて滑ったり靴の音がコツコツ響いたりする箇所に長尺シートを貼り付けることで、滑りや音を抑えた床面を実現できます。
外観面でも清潔で美しく整う長尺シート施工は、数多くの建物に導入されています。入居率のアップにも繋がりますので、床工事をぜひご検討ください。

雨漏り工事

上記の施工に加えて、さまざまな原因による雨漏り工事にも広く対応しております。一般的に老朽化した建物にのみ発生するものだと考えられがちですが、比較的築年数が新しい建物でも発生する場合があります。
瓦のはがれや天井・壁などの雨シミ、雨樋の損傷・外れといった予兆から実際の雨漏り被害まで、まとめて弊社が解決いたします。どうぞ安心して『株式会社松本』にお任せください。

施工の流れ

STEP-1

お問い合わせ

お電話・メールにてお問い合わせを受け付けております。
メールの場合、確認後こちらからお電話いたします。

STEP-2

現場調査

ご都合のよろしい日程をお伺いし、現場調査を行ないます。

STEP-3

お見積もり

ヒアリング内容や現場調査から、正式なお見積もり額を掲示いたします。
※お見積もりの時点では、まだ料金は発生しません。

STEP-4

ご契約

お見積もり内容にご納得いただければ、ご契約になります。
不明な点や気になることがございましたら、何度でもお気軽にご質問ください。

STEP-5

打ち合わせ

お客さまのイメージを確実にカタチにするために、ご要望をもう一度しっかりと確認してから、施工に取り掛かります。

STEP-6

施工

打ち合わせで決定した内容とスケジュールで、施工を行なっていきます。

STEP-7

施工完了

お客さまにご確認していただき、ご満足いただけましたら施工完了となります。
通常はこの段階で代金のお支払いをお願いしております。

STEP-8

アフターフォロー

施工完了後、心配な点や問題点がございましたら、即対応いたします。